スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山のお出掛け日記  津山市  『中山神社』

この時期になると、テレビで流れるんです~~
この話題


津山市にある 横野の滝~の 「流しソーメン」
いつかは行きたいな~と思ってましたので、
行って来ました


地図で見る限りは、そんなに難しい(笑)場所ではないようです。


9時半くらいに家を出たのですが、
途中、カーラジオから流れるN○Kのニュースにビックリ


鳩山総理 辞任


まさかというか、やはりというか
いえ、これで「ソーメン」を取りやめるようなことはありません!!


岡山市内から、旧柵原経由で津山市内へ!!
津山駅前の 今津屋橋を北上~ 
そのまま進むと…

「中山神社」の大きな案内板が見えます。
そこを左折します。

せっかくなので、中山神社へ寄ることにします!!
ここは2回目です。




写真は、行きがけの道路工事してまして、
そこにあった モノ


ひまわり




ネオひまわり だそうで、光るんですかね
津山市 『中山神社』


でんっと、見上げるような立派な大鳥居!!



中山神社 1





鳥居をくぐってすぐに、名木発見!!



中山神社 3




中山神社 4





中山神社 37






拝殿正面へと伸びる、参道です。



中山神社 2





その参道の脇に、牛が!!



中山神社 5




中山神社 6






門の手前、狛犬が2対
まずは、こちら側の大きな狛犬。



中山神社 7




中山神社 8






その向こう、小ぶりのなんとも愛嬌のある小さな狛犬さん!!




中山神社 9




中山神社 10






門の手前 石橋



中山神社 11




中山神社 12






中山神社 13







立派な拝殿ですね~~



中山神社 19




中山神社 17




中山神社 20





中山神社 21





中山神社 22






ここにも小さな牛です。
拝殿のところです。

中山神社は、中世以降、農耕牛馬の守護神として農民の崇拝を受けて、
近世には門前市が活況を呈し、
明治時代中期を全盛期として、牛馬市もたったそうです。
参道の脇にあった、牛の像も そうなんでしょうね。



中山神社 16



中山神社 18



この半分の輪のようなもの、牛に付ける鼻ぐりがモチーフ??
なのかな??







拝殿の左手です。  惣神殿



中山神社 14



中山神社 15






本殿の裏へ回ると、小さな祠。
上へ上がってみます。
御崎神社かな??



中山神社 26



中山神社 24







そこから 本殿を見ると…
  (本殿は、国の重要文化財)



中山神社 23




中山神社 25






ちょうど真裏にあるのが、 『猿神社』

鳥居が見えるので、行ってみますか~



中山神社 28





しばらく細い山道を進んだのですが、
おそらくここを登った所だと思われます。
しかし、今日は断念!!
またの機会に~~



中山神社 27







回ってみると、また名木発見!!
(拝殿から見て、右手側)



中山神社 29





中山神社 33





その名木の横
牛と 馬!!



中山神社 32





中山神社 30



中山神社 31








緑に囲まれる 拝殿



中山神社 34






これは 神楽殿でしょうか



中山神社 35







これ 読めますか??



中山神社 36







鳥居の 足元に



中山神社 38







前に来た時よりは、時間かけて回ったのですが、
本殿も重厚でよかったです!!




岡山県神社庁より   (長いですが)


 当社は文武天皇慶雲4年(707)此の地に社殿を創建して鏡作神を奉斎したと伝えられている。
 貞観年間官社に列せられ、延喜式に於ては美作国唯一の名神大社であると共に此の国の一宮でもある。
 「今昔物語」に猿神の説話があり、後白河法皇の御撰にかかる「梁塵秘抄」には関西に於ける大社として、
  安芸の厳島社備中の吉備津宮などと肩を並べている。

 鎌倉時代に元冦など国家非常の時に際し、
 勅命により特に全国7ケ国の一宮に国家安穏を祈願せしめられているが、
 当社も其の中に選ばれて祈願を厳修したことが伝えられている。
 弘安8年に一遍上人回国の途当社に参詣し念仏踊を行ったが「一遍聖絵」(国宝第八巻)に作州一宮図があって、
 其の節参詣の図が描かれている。
 建武中興破れて天正に至る約4百年間は,美作国中戦乱の巷と化し、
 その為に社寺の祭祀も殆んど絶えようとする有様であったが、
 当社は永正8年(1511)と天文2年(1533)の両度に祝融の厄に遭い、
 本殿以下山上山下の摂末社120社と共に宝物・什器・旧記・古文書等悉く炎上焼失した。
 
 永禄2年(1559)に至り、出雲城主尼子晴久戦捷報賽の為め社殿を復興した。
 世に中山造と称せられる入母屋造妻入檜皮葺で間口5.5間、奥行5.5間、
 建坪約41.5坪の宏壮雄大な御本殿であって、大正3年国宝建造物の指定を受け、
 現在は国指定重要文化財の指定を受けている。
 
 慶長8年森忠政美作全州を領して入封するに至り、
 国内漸く平定し歴代の藩主の崇敬も厚く社領の寄進や修築の資の奉献など絶えることなく、
 又「一宮さま」と親しまれ、朝野の信仰を集め、中世より近世にかけては門前市も大いに繁昌した。
 
 明治4年国幣中社に列格。
 御祭神金山彦命と定められた。
 これにより明治年間再度に亘り御祭神名を「鏡作神」に改められる様願出でたるも聴許せられず終戦を迎え、
 昭和21年宗教法人中山神社設立届出に当り御祭神名を主神鏡作神、
 相殿に天糠戸神、石凝姥神配祀と総て明治以前の社家伝承や旧記類に明記せられている御神名に旧した。
 
 宗教法人中山神社となった後も、
 御本殿以下諸建造物等境内の森に至るまで昔のままの姿にて防災施設も完備し、
 美作国の一宮と広く尊信されて現在に至っている。





中山神社を後にしましたが、気温も上がり高くなりそうな予感…
ここからさらに北上して、横野へ行きます。


案内標識があるので、大丈夫ですよ。
山の中へ入るにつれ、道も少し細くなるかな。

同じところへ向かう車もちらほら。
人 多いかな??  (平日だけど~~)




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

始めまして・・

 今晩は 徘徊爺と申します
少し前に 足跡を残して頂き 遅くなりましたが
お邪魔しました

寺社仏閣を尋ねるのがご趣味とか いい趣味ですね
 
中山神社 立派ですね 名前は知っていたのですが
まだ訪問していませんでした お陰様で居乍らにして
参詣させて頂いた気分です 有難う御座います・・

 
宜しければ 私のブログにも又 お立ち寄り下さい

徘徊爺さま

ご訪問ありがとうございます。

元々は(登山とかではなく) 自然の中を歩くのが好きだったり、
古い建物が好きだったりするのですが、

気が付けば、神社仏閣巡りが趣味となってました。
特に詳しいわけでもないので、
写真をたくさん載せるだけになっていますが、

少しでも楽しんでいただけましたが幸いです。

中山神社は、歴史を感じさせる社殿がすばらしい
立派な神社でしたよ!!

ご縁がありましたら、ぜひお尋ね下さい。
プロフィール

るりさやか

Author:るりさやか
岡山から、お出掛け日記を書いていきます!!
岡山県および近県の、寺社巡り中心に更新しています。
自分の記録も兼ねて、写真や情報を載せていこうと思います。
岡山のお出掛けの参考になりましたら嬉しいです♪

旬の花時計
FC2カウンター
つぶやいてます
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
岡山人ブログ
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
うさぎTV
木原幸子 夢を紡ぐ人形たち
おかやま歴史の旅百選 
日本すきま漫遊記
「津山瓦版」
津山市のことなら津山瓦版
ひるぜん焼そば好いとん会
ひるぜん焼そば好いとん会ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。