岡山のお出掛け日記  赤磐市(旧吉井町)  『石上布都魂神社』

案内標識を探しながら道を進んでいると、ありました!!

と思ったら、なんと 宮司さんのお宅…
神社の境内ではなく、離れた場所にお宅があるんでしょうね~
  (宮司さんのお宅はどこですか?? と、よく
   聞かれたのかな~~??)



さて、
案内板に従って、左折し、細い道を登ります。


すぐに 鳥居が見えます。

しかし… 建物はもっと先のようですね!!



IMG_5033.jpg




絶対に車がすれ違えない山道を更に登ると…
右手に看板が見えます。



ここからも登れますし、

もう少し先に
行き止まりになっていてここに車を停めて登れます。



IMG_5032.jpg




赤磐市(旧吉井町)石上 『石上布都魂神社』
   (いそのかみふつみたまじんじゃ)





私たちは、一番奥まで車で行ってそこから
歩いて向かいました。

途中に、こんな表示が!?
赤っぽい岩がむき出しになってるんです。



IMG_5021_20101004192341.jpg






しばらく行くと 建物が見えました。


拝殿です。



IMG_5030.jpg




IMG_5024.jpg






こちらが本殿です。




IMG_5022_20101004192341.jpg






境内の端に 稲荷神社です。




IMG_5023.jpg






狛犬です。




IMG_5025.jpg




IMG_5026.jpg




IMG_5027.jpg






大燈篭がありますね!!




IMG_5028.jpg






ここから 500mくらい山道を登ったところに
『本宮』があるそうです。
ちょっと距離があるので行けなかったのですが、
『磐座』もあるそうですよ。

体力のある方は ぜひ!!



岡山県神社庁のぺージがあります。  →  『石上布都魂神社』


当社は「延喜式」神名帳、備前国赤坂郡6座の内の1社である。
備前国総社神名帳128社の中で正2位と記されている。


古くは書紀一書に「其の蛇を断ちし剣をば、なづけて蛇之麁と日ふ。
此は今石上に在す。」また一書に「素盞嗚尊、乃ち天蝿断の剣を以て、
其の大蛇を斬りたまふ。」と記している。
「吉備温故秘録」で大沢惟貞は記紀、旧事記、神社啓蒙天孫本記、
古語拾遺等から「曰く、この数書以て考ふるに、
上古素盞嗚尊、大蛇を断の剣は当社に在る事明らかなり、
その後、崇神天皇の御宇大和国山辺郡に移し奉るとあれども、当社を廃されしと見えず。(以下略)」

 寛文9年備前藩主池田綱政が山頂磐座に在った小祠を造営復興し、
延宝2年「社記1巻、社領20石」を廃藩まで奉納した。他に「備前一宮」として、
今日「一宮巡拝」等で参拝者が増えつつある。

 山頂の社殿は明治43年火災に遭い現在地に移す。
 昭和20年「県社の資格有り」と認めたれた。
 現在拝殿は平成5年改築。





もうすぐ 秋の大祭があるようです。
この時期はどこの神社も大祭が行われますね!

確か17日だったと思いますが、
参道に提燈か何かを飾るような
電線とソケットがありました。

拝殿にパンフレットがありましたので
いただいて帰りました。




神社を後にし、県道に出て北上し、
国道484号に出たら、左手へ(建部方面へ)


地図を見たら、神社やお寺のマークがあるんですけどね~~





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るりさやか

Author:るりさやか
岡山から、お出掛け日記を書いていきます!!
岡山県および近県の、寺社巡り中心に更新しています。
自分の記録も兼ねて、写真や情報を載せていこうと思います。
岡山のお出掛けの参考になりましたら嬉しいです♪

旬の花時計
FC2カウンター
つぶやいてます
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
岡山人ブログ
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
うさぎTV
木原幸子 夢を紡ぐ人形たち
おかやま歴史の旅百選 
日本すきま漫遊記
「津山瓦版」
津山市のことなら津山瓦版
ひるぜん焼そば好いとん会
ひるぜん焼そば好いとん会ホームページ