スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山のお出掛け日記  倉敷市  『阿智神社』

お出掛け日記といっても…   書いているのは、

お寺や神社のことばっかりですが(笑)
そういう所ばっかりに行ってるので仕方ないです(笑)

タイトルを 「神社仏閣めぐり」にすればいいのですが、
たまに他の場所にも行くのでね~~~




倉敷の美観地区、メイン通りの一歩奥にある 本町通り。
そこに見える大きな鳥居から 阿智神社へ続きます。

倉敷に来た時は必ず寄りますから
もう何回目かな~~~と 数えることも不可能ですが、
今回も行きます。
ちょっと小雨が降っていて、石段登るのが億劫~~
   (滑ったら大変!!)


では…




倉敷市  「阿智神社」





IMG_5273.jpg





岡山県神社庁のサイトより


倉敷の古名は「阿知」であり、当社は倉敷総鎮守の神社である。
 これは、日本書紀応神記(4世紀)に「阿知使主(あちのおみ)が韓国より17県の人達を率いて
帰化してきた」とあり、阿知使主の一族がこの地に住み着いて、
養蚕・絹織・縫製・鉄文化等の先進技術を伝え、広め、大いに栄えたことに由来している。

 また、社記には神功皇后三韓征伐の途中、暗闇に航路を見失われ宗像三女神に祈願された時に、
三振りの剣が雷鳴と共に天空から明るく輝いてこの地に降ったため、
応神天皇の御代に妙剣宮(妙見宮)と称してこれを祀ったと記されている。

 古来この一帯は吉備の穴海と称され、内海深く湾入し社地は内亀島という小島であったため、
海の交通交易の守護神である宗像三女神を奉斎したとも伝えられている。
 室町末期、慶長、元和の頃から祭祀は当地草分けの有力者の木綿襷組(ゆふだすきぐみ)が交代執行し、
江戸中期に観竜寺の別当が管理し、神仏混淆して明治に至ったが、
同2年神仏分離令により妙見宮を阿智神社に復号した。

 当社は倉敷の中心部、美観地区の鶴形山の頂上にあり、
広い境内には蓬莱思想に基づいた日本最古の鶴亀様式の古代庭園とも伝えられる天津磐境の他、
盤座・磐境が点在し、中腹の斎館の風雅な庭には陰陽の盤座のほか水琴窟もある。

また、能舞台、絵馬殿、芭蕉堂等もあり、本殿北側の「阿知の藤」は曙藤では日本一大きく古く、
倉敷市の市花でもあり、県の天然記念物に指定されて、毎年5月5日の藤祭には多くの人で賑わう。








阿智神社は 「藤の花」でも知られています。
毎年初夏(4月下旬から~5月上旬あたり)に
境内に美しい花を咲かせます。

この季節にはまだ来たことがないのですが、
気候の良い頃ですので、いかがでしょうか??


阿智神社には、ここの鳥居から石段で上がりますが、
その横からも車で登れます。




IMG_5272.jpg






鳥居 上から



IMG_5271.jpg





石段は結構ありますよ~


IMG_5270.jpg




IMG_5225.jpg







石段を登る途中に(右手に)
こんな飼育小屋があるんですよ。
昔は何か飼ってたんですが、今は空き家の様子。



IMG_5228.jpg


 


到着。隋神門が見えました。



IMG_5269.jpg




IMG_5229.jpg





IMG_5254.jpg





IMG_5265.jpg







門を入って正面に 拝殿です。



IMG_5260.jpg



IMG_5264.jpg





IMG_5253.jpg






拝殿の正面には 能舞台があります。



IMG_5250.jpg




IMG_5251.jpg



IMG_5252.jpg







拝殿の後方 本殿です。



IMG_5239.jpg





本殿 後ろから



IMG_5245.jpg








拝殿の横にある 「磐座(いわくら)」
案内表示があるのですが 読めそうかな!?




IMG_5233.jpg



IMG_5234.jpg







「鶴石組」



IMG_5237.jpg



IMG_5241.jpg






「亀石組」



IMG_5242.jpg



IMG_5246.jpg





本殿の横  荒神社



IMG_5243.jpg





これは…



IMG_5244.jpg





左側が城山稲荷  右側が菅原神社



IMG_5248.jpg






護国神社です



IMG_5249.jpg







門を入って、左手には絵馬殿があります。



IMG_5231.jpg



IMG_5262.jpg






写真が暗いですが  内部の様子



IMG_5259.jpg






天井は非常にきれい



IMG_5256.jpg



IMG_5263.jpg






絵馬殿   引きで



IMG_5267.jpg




絵馬殿の奥にある   高灯籠



IMG_5232.jpg







当日は曇りで 視界は良好ではなかったのですが
絵馬殿から 美観地区中心の町並み



IMG_5266.jpg







狛犬さん




IMG_5268.jpg






阿智神社には 商店街の通りからも上がれます。
こちらはあまり急な石段はありませんが 距離はあります。
その間 お寺の境内も通れますから、こちらからもどうぞ!!



IMG_5276.jpg









今回は、曇りの天気で写真の出来も良くないだろうと
あまり撮って来なかったんですが…
    (それでも、結構な枚数にはなってますが)

晴れて時間のある時に、また行ってみます。


10月の終わりだったので、ちょうど七五三のお祝いで
来られてる家族もいらっしゃいました。
これから多いでしょうね。

10月は、特に中旬から下旬にかけて
秋の大祭が催される所も多いでしょう。
神社さんは大忙しでしょ~!!



阿智神社のサイトがあります。
こちらからどうぞ


   → 阿智神社




 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るりさやか

Author:るりさやか
岡山から、お出掛け日記を書いていきます!!
岡山県および近県の、寺社巡り中心に更新しています。
自分の記録も兼ねて、写真や情報を載せていこうと思います。
岡山のお出掛けの参考になりましたら嬉しいです♪

旬の花時計
FC2カウンター
つぶやいてます
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
岡山人ブログ
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
うさぎTV
木原幸子 夢を紡ぐ人形たち
おかやま歴史の旅百選 
日本すきま漫遊記
「津山瓦版」
津山市のことなら津山瓦版
ひるぜん焼そば好いとん会
ひるぜん焼そば好いとん会ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。