スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山のお出掛け日記  岡山市  『徳与寺』

大福寺を少し北に行くと、マンションが見えます。

その脇の坂を上ると、こんな案内が見えます。
この先に宇喜多秀家の生母、お福の方の五輪塔(供養塔)があるそうです。



IMG_6507.jpg



こちらは後で行ってみましょう。

まずはお寺へ行きます。
岡山市中区徳吉町 『徳与寺』


こちらへ来たのは初めてなのですが、
名前はよく聞きます。

『針供養』で有名なお寺です。



IMG_6508.jpg



境内は、どこかの家の庭のような感じで、
こじんまりしてます。

プランターの花、鉢植え 緑、
きれいにされてますね。
右に見える建物は、客殿です。



IMG_6515.jpg





まずは正面のお堂へ (淡島堂というそうです)


IMG_6509.jpg




その右手に  『薬師堂』(本堂)



IMG_6510.jpg




その隣  『観音堂』


IMG_6511.jpg






淡島堂の後方   『粟島神社大殿』
お寺の境内ですが、神社さんがあるんですね。



IMG_6513.jpg






『針塚』  この前で針供養が行われます。
テレビで何度かその様子は見たことがあるのですが、
画面だと広く見えるんですね~~




IMG_6514.jpg







IMG_6512.jpg





『徳与寺』のHPがあります。
ぜひこちらへもどうぞ

  → 徳与寺







来る途中に見た お福の方の『供養塔』
この境内にあると思って探したんですが…

門を出て、また坂を少しだけ上った場所にありました。
小高い丘の上にあるのですが、お寺の墓地になってるようです。

供養塔は、木に囲まれていて
(大きいので)目だってすぐにわかりますよ!!



IMG_6516.jpg




IMG_6517.jpg





お福の方については、よくご存知だと思いますが
  (特に時代劇好きな方は!!)


少し書いておきますと、


お福の方 (1549年~  )

美作高田の藩主:三浦貞勝に嫁ぎ、その後に宇喜多直家と再婚します。
1572年に秀家を出産します。
直家の死後、豊臣秀吉の庇護を受けますが、その時に側室になったとも言われてます。
秀家は、秀吉に非常に愛されて、(秀吉の)養女であった豪姫(前田利家の娘)と結婚します。

お福の方は、実名が『お鮮(の方)』とも言われてます。
法名:法鮮尼 院号:円融院

また 『備前殿』と称されたとも言われてます。

時代劇では 『お福』 『お福の方』 と呼ばれてますよね。




こんな 身近なところに歴史を感じるものがあるとは、
感慨深いです!!
   (この供養塔についてはあまり知りませんでした)




この丘から、操山の緑を眺め、
ちょっと休憩して、元来た道を行きます。


再び電車どおりに出て、広い道を渡り、
玉井宮へと向かいます。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るりさやか

Author:るりさやか
岡山から、お出掛け日記を書いていきます!!
岡山県および近県の、寺社巡り中心に更新しています。
自分の記録も兼ねて、写真や情報を載せていこうと思います。
岡山のお出掛けの参考になりましたら嬉しいです♪

旬の花時計
FC2カウンター
つぶやいてます
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
岡山人ブログ
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
うさぎTV
木原幸子 夢を紡ぐ人形たち
おかやま歴史の旅百選 
日本すきま漫遊記
「津山瓦版」
津山市のことなら津山瓦版
ひるぜん焼そば好いとん会
ひるぜん焼そば好いとん会ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。