スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山のお出掛け日記  岡山市中区国富  『少林寺』

前々から気になっていたお寺です。

近くにある『法輪寺』というお寺には何回か行ったことがあります。
そこからすぐだったのですが、
なぜが足を伸ばせず…


期日前投票を済ませた後、
近くを通るので寄ってみることにしました。

初めて行くお寺は、
『そんなところだろう??』と非常に期待感が高まります!!


岡山市内 古京町の朝日高校の裏手の
操山のふもとにあります 『少林寺』です。






IMG_8799.jpg









大きな地図で見る



お寺に上がる石段から少し奥に駐車場があります。




岡山市中区国富 国富山『少林寺』




IMG_8796.jpg





岡山藩主であった、池田家の縁のお寺ですね。




IMG_8795.jpg






IMG_8822.jpg





IMG_8821.jpg












『国富山』  門です。




IMG_8820.jpg






IMG_8797.jpg








紅葉にはまだまだ早いのですが、
見上げると赤い葉が!!




IMG_8798.jpg








入って、左側に本堂です。




IMG_8805.jpg





IMG_8811.jpg







正面に見えたのが この巨大な像!!
観音様かな??
竹かご、持ってますね!?





IMG_8801.jpg





IMG_8802.jpg







足元にある 小さい像




IMG_8803.jpg







後姿




IMG_8814.jpg







とにかく、その存在感たっぷりの像は一体何なのか!?
と、思ってましたら、ちょうど帰り際に
(おそらく)こちらの御住職の若奥さんが、
可愛い赤ちゃんを負ぶって散歩に出られていたんです。

それで、色々とお話を聞くことが出来ました。



この像は、
三十三観音に数えられる観音菩薩の一つとされる
魚籃観音(ぎょらんかんのん)だそうです。

その昔、檀家さんで銀行を経営されていた人が、
仕事で上手くいかなくなったそうです。
その時に、夢枕に観音様が現れ、お告げがあったそうです。

それから、経営が上手くいったので、
そのお礼にというので、この観音さんを
このお寺に建てられたそうです。
  (大正のお話だそうです)
手にしてる竹かごは、魚を入れる『魚籠(びく)』だそうです。


なかなかご利益のある観音さんだそうですョ。
ご近所の方は、待ち受けにされていて、
写真を撮っていかれる方もいるそうです(^^)



庭もきれいに整備されて、
時間かけて手入れもされてるように見えたのですが、
この庭は、先代の住職さんの頃に出来たそうです。

それまでは広場で、近所の子供が野球していたみたいです。






本堂から見える庭は
操山を借景とする遠州流の庭園です。
通常は、中には入れないようです。

手を伸ばして、写真だけ。






IMG_8809.jpg





IMG_8807.jpg







山側の様子。





IMG_8808.jpg





IMG_8806.jpg






IMG_8812.jpg




この庭園は、後楽園が出来た頃と同時期に出来たそうです。
  (後楽園が完成したのは、元禄13年(1700年)
   この庭園の完成は、元禄12年(1699年)

池もあり、本堂からの眺めは格別と思われますが、
いつか機会がありましたら見せていただいたいものです。





境内はすぐ裏に山が迫っていて、
山を切り開いたような所に、墓石、碑のようなものが
たくさん見えました。

足場があまり良くないようでしたが、
この場所には立ち入れないように、フェンスがありました。
後で聞いてみると、

(池田家の)家老や、このお寺の歴代の住職の
お墓だそうです。
境内囲むように、あちこちに見られました。




IMG_8813.jpg









これは山の方を撮ったのですが、
奥の方には入れないようになっていました。





IMG_8810.jpg





このちょうど横を、山から水が流れていたような跡(小川??)が
あったのですが、

聞きましたら、
昭和の(終わり)頃までは
実際に、山から水が流れ出ていたようです。
その後は、周辺の(住宅・墓地など)開発で
水源が枯れてしまったようです。





ちょうど今は、紅葉前の緑の豊かなシーズンです。
境内にたくさん植えられてる木の
青々とした様子がとても心地よかったです。

もう少し秋が深まって、
紅葉の季節になったら、見事な景色が見られるだろうと思いますが、

お話によると、

この操山の土地は、地層が堅くて、
あまり根が張れないそうです。
なので、あまりきれいな色にならないのでは??
とのことでしたが、
この緑の鮮やかさを見ると、美しい紅葉ではないかと思います。





IMG_8818.jpg








写真は 灯篭越しの
『狩野永朝 顕彰碑』(明治35年建立)です。




IMG_8815.jpg






IMG_8804.jpg






狩野永朝は
幕末・明治の画家。字は白駒。別号に山雷。
狩野山楽直系の九代狩野永岳の養子。永岳に師事する。
のち岡山に滞在して門下の指導にあたった。
花鳥、山水を能くする。明治33年(1900)歿、69才。

岡山の縁のある方のようですが、
この少林寺との関係はわからなかったので、
また聞いてみたいです。




ちょうど お花の少ない時期だったかもしれませんが
(この一体はロウバイで有名)

可愛い白い花が、咲いていました。




IMG_8817.jpg






境内には
岡山藩筆頭家老・伊木忠澄公(三猿斎)夫妻の墓
池田政行夫妻の墓
があるそうです。




もっとゆっくりとしていたかったのですが、
次に行くところもあったので、
可愛い赤ちゃんにさよなら~と手を振りながら、
少林寺を後にしました。




IMG_8819.jpg






晴天の中、
美しい境内を満喫してきました。
今回のように、色々とご説明いただきますと、
お寺巡りの旅も更に充実してきます。

お世話になりまして本当にありがとうございました。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

るりさやか

Author:るりさやか
岡山から、お出掛け日記を書いていきます!!
岡山県および近県の、寺社巡り中心に更新しています。
自分の記録も兼ねて、写真や情報を載せていこうと思います。
岡山のお出掛けの参考になりましたら嬉しいです♪

旬の花時計
FC2カウンター
つぶやいてます
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
岡山人ブログ
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
うさぎTV
木原幸子 夢を紡ぐ人形たち
おかやま歴史の旅百選 
日本すきま漫遊記
「津山瓦版」
津山市のことなら津山瓦版
ひるぜん焼そば好いとん会
ひるぜん焼そば好いとん会ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。