スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山のお出掛け日記  高梁市(成羽)  『吹屋ふるさと村』 3

続きます…

ふるさと村から少し離れた場所にあるのが
この豪邸


『広兼邸』


広兼氏は、庄屋の家で、
2代目がベンガラの原料の製造に携わったことから、
巨大な富を築き、このような豪邸を建てるにいたった訳です。

駐車場があるんですが、そこから見上げると…


吹屋 75


吹屋 76



まるで、お城を思わせる 見事な石垣!!
 (石垣は 1810年の建築)


しかも、駐車場から結構上るんですわ~~


吹屋 77



正面が楼門。
この上に小さな部屋があるんですが
門番の人の部屋だそうです。


吹屋 78



門をくぐり、右手に進みました。


庭の木々も手入れされてて立派です!!


吹屋 80




こちらは 離れのお座敷です。
大正時代に立てられたものです。
お茶室に、化粧部屋・客間・風呂なども作られてますが、

当主の結婚式に一度使われただけで、
その後利用されてないそうです…


吹屋 84



吹屋 81



離れの横の、庭にあった 『水琴窟』
水がなかったので、見るだけ~~


吹屋 85




庭から下を眺めた風景。


吹屋 82


正面に見える屋根、
これがおそらくは 広兼氏個人の神社かと思われます。
行かなかったのですが、
結構大きな神社でしたね~



さらに奥には 土蔵がありました。

数は少なかったですが、貴重なお宝がありました。

これは、消火ポンプ!!


吹屋 83



これは、台所の土間。
使用人を含め、大勢の人の食事を用意する まさに厨房!!


吹屋 86



これは、獅子(??)の鬼瓦
なんか面白い顔(笑)


吹屋 87



門を入り、左手には使用人の部屋があります。
入り口の戸からすぐが 『下男部屋』
その奥に 『番頭部屋』がありました。

下男部屋は、6畳ほどのスペースで、
ワンルームのような感じですが、
ここに何人の下男さんが寝泊りしてたかはわかりません。

一人部屋だったら、かなり余裕の部屋ですが…


吹屋 88



ここは、内側から見た楼門。
上の部屋が 『門番部屋』
横から出入りできるようです。


吹屋 89



庭のど真ん中に!!
鉄砲百合のような花!?
葉がなく、これだけがニュキっと生えてます(笑)


吹屋 91



庭の松。
横へ横へ、何メートルも伸びてます。


吹屋 90




庭です。


吹屋 92



これも 獅子の(??)の鬼瓦~


吹屋 93




最後に門を出て、振り返ったところ。
ホントに立派なお屋敷でした。


吹屋 94



映画が好きな方は、ご存知かもしれませんが、
この広兼邸は 『八つ墓村』などのロケが行われた場所。

確かに雰囲気のある、ロケに相応しい豪邸です。



もう5時になります。
そろそろ吹屋を後にします。

お土産も買ったし!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るりさやか

Author:るりさやか
岡山から、お出掛け日記を書いていきます!!
岡山県および近県の、寺社巡り中心に更新しています。
自分の記録も兼ねて、写真や情報を載せていこうと思います。
岡山のお出掛けの参考になりましたら嬉しいです♪

旬の花時計
FC2カウンター
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

つぶやいてます
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
岡山人ブログ
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
うさぎTV
木原幸子 夢を紡ぐ人形たち
おかやま歴史の旅百選 
日本すきま漫遊記
「津山瓦版」
津山市のことなら津山瓦版
ひるぜん焼そば好いとん会
ひるぜん焼そば好いとん会ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。