スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山のお出掛け日記  瀬戸内市牛窓  『しおまち唐琴通り 海遊文化館』

岡山県南部の海沿いの町 牛窓は
日本のエーゲ海とも呼ばれる、風光明媚な観光地です。

牛窓の中心エリアから東部周辺の海に沿った町並みは、
「しおまち唐琴通り」 とも言われ、

かつては港町として栄え、江戸時代から昭和30年代の面影を残しています。


江戸時代には、朝鮮通信使が寄港し、それにまつわる史跡なども
巡ることが出来ます。
また、だんじりが街中を回る『秋祭り』も有名です。

牛窓には何度か来てますが、
今回は列車とバスを乗り継いでやって来ました。

10月も半ばとなると、歩いて回るにはいい気温です!!


瀬戸内市 牛窓 『しおまち・唐琴通り』


バスで、本蓮寺下で下車すると、
すぐに目に入ってくるのが 

『海遊文化館』 


元は、警察署として建てられた洋風の建物。
いつもは、見るだけでしたが今日は入ってみましょう!!


海遊文化館 11


海遊文化館 12



警察署の名残!!


牛窓 15



建物内は、朝鮮通信使に関連した資料の展示が多くあります。
歴史に興味ある人は、じっくりご覧下さい!!

ここには、秋祭りで使われる『だんじり』が展示・保管されています。
ここのスペースは、展示(保管)用に建てられたそうです。

上に見える、モニターでだんじりの様子が見られます。



スタッフの方に許可をいただきまして写真を撮りました。


海遊文化館 1


向かって、左が 『御船だんじり』 右が 『獅子だんじり』



海遊文化館 2


『御船だんじり』は、全長7m以上で、190年ほど前に作られたものです。
下には、こまがついていて、このまま引きます。

中は、人が乗れるようになっていて、だんじりの時は子供が入るそうです。

海遊文化館 3


海遊文化館 6 



海遊文化館 7



『獅子だんじり』 5m以上あります。
先端には 『獅子』がいます!!


海遊文化館 4


海遊文化館 5




船の模型  確か5分の一だったと思います。


海遊文化館 8



人形~


海遊文化館 9



11月の、牛窓の秋祭りで『疫神社』などで奉納されるのが
『唐子踊』です。

異国風の衣装を着た男児が、不思議な(?!)踊りをするのですが、
起源や、歌の内容など、意味はよくわかってないそうで、
何ともミステリアスな風習であります。

これはその踊りを再現したもので…


海遊文化館 10



もちろん、人形ですョ!!


だんじりは見てみたいナァ~~と思ったのですが、
10月25日!! 大丈夫か!?



入館料 大人300円  65歳以上は50円引きです。
休館日は毎週水曜日


さて、次は、通りをゆっくりと歩いてみます。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るりさやか

Author:るりさやか
岡山から、お出掛け日記を書いていきます!!
岡山県および近県の、寺社巡り中心に更新しています。
自分の記録も兼ねて、写真や情報を載せていこうと思います。
岡山のお出掛けの参考になりましたら嬉しいです♪

旬の花時計
FC2カウンター
つぶやいてます
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
岡山人ブログ
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
うさぎTV
木原幸子 夢を紡ぐ人形たち
おかやま歴史の旅百選 
日本すきま漫遊記
「津山瓦版」
津山市のことなら津山瓦版
ひるぜん焼そば好いとん会
ひるぜん焼そば好いとん会ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。