スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山のお出掛け日記  倉敷市玉島  『羽黒神社~清瀧寺』

円通寺を後にして、山を降りまして、
次は玉島の中心地にある 『羽黒神社』を目指しました。


が…

初めて来る場所でしたので、一方通行がわかりにくかったです~
ちょうど道路工事もしてて、たどり着くの時間がかかってしまいました!!

事前に、、もっと詳細な地図でもチェックしておけばよかったです。


やっと、神社を見付け、石段を上がっていきます。



これは おみくじ



羽黒神社 おみくじ




来年2010年の運勢??
それとも今年(2009年の) 残りの運勢??



では  羽黒神社へ~~~
倉敷市玉島 羽黒神社




私たちは初めてだったんで、とりあえず看板のある石段を上がりました。



羽黒神社 2





おっと~~   狛犬さんも


羽黒神社 1





反射して見にくいのですが…


羽黒神社 3







石段を登りきる途中に お寺がありましたので行ってみます!!



羽黒神社 4





こんな大きな備前焼の瓶があります!!


羽黒神社 6






こちらは 本堂でしょうか??


羽黒神社 7





この 清瀧寺は 1870年に神仏分離令によって羽黒神社と分離したそうです。







さて、再び石段に!!



羽黒神社 8






ちらっと 本殿を



羽黒神社 9






拝殿



羽黒神社 19




羽黒神社 18




羽黒神社 20




羽黒神社 33







羽黒神社 17






羽黒神社 15







拝殿の前に こんな大きな樽!!
中は水はたまってたんですが、魚でも~~!?    いないか…



羽黒神社 16





このおみくじを引きました。
引いたら~~    音楽が鳴ってました。
神社らしい(笑) 音楽です。



羽黒神社 14





拝殿の中です。



羽黒神社 12





天井がきれいですね~~~



羽黒神社 11



羽黒神社 10






トラがいますよ~
2010年の寅年にかけて~~~    ですね!?


羽黒神社 13







この建物から~ 左手には…
なにやら、建物に屋上の広場のようなエリアになってるんですよ~

実はこの近所を走ってる時に、赤いものが見えたのですが、
これのようです!!



羽黒神社 21






こちらは
水谷氏三代の威徳を偲んで勧請されたという 『水谷神社』




羽黒神社 37




羽黒神社 36








『六角石燈篭』



羽黒神社 23




羽黒神社 22







本殿の周り



羽黒神社 24




羽黒神社 25








七福神さんがいらっしゃいます!!




羽黒神社 26





羽黒神社 27




羽黒神社 28





羽黒神社 30






本殿、後ろから



羽黒神社 29







石燈籠 反対側です




羽黒神社 31







これは   家紋でしょうかね!?



羽黒神社 32






拝殿のすぐ前にも石段があって、こちらからも来れられますね!!



羽黒神社 34



羽黒神社 35





ここを降りると、細い路地の行き止まりになってました。
ちょっと不思議な感じのする空間でした。

このあたりに地理に詳しくないと、ここには来れないですね…






岡山県神社庁さんより


当社の鎮座する羽黒山は、往古瀬戸内の海上に浮ぶ小さな島であったが、万治元年(1658)備中松山(高梁)の城主、水谷伊勢守勝隆公が玉島地方の干拓を行うのに際し、水谷家累世の氏神、出羽国羽黒山の出羽神社(現在の三山神社)の神霊をこの地に勧請して、当地開墾の成就を祈願し、氏神として、また土地の守護神として社殿を建立した。
 徳川時代、瀬戸内第1の商港として繁栄したこの玉島に居住する人々はもとより、船によって港に出入した北海道北陸を始め四国九州の商人達が寄進した玉垣に当時の人々の崇敬の篤さが伺われる。
 また、当社は玉島発祥の基地と伝えられており、第2代水谷左京亮勝宗公も、先代の志を継いで、寛文5年(1665)社殿を改築し、毎年社領米9石1斗を寄進し、歴代の領主も又崇敬篤く社領米を寄進し、御祈願所と定められた。
現在の本殿は嘉永3年(1845)、幣拝殿は安政4年(1852)に再建されたものである。
 昭和33年玉島全市を挙げて「羽黒神社御鎮座三百年祭」が盛大に斉行され、その記念館が建築された。また、昭和45年から48年にかけては、大東亜戦時掘られた防空壕処理の為、境内復旧事業として羽黒神社会館を建設し、その屋上を境内として拡張した。
  「民の戸をまもるや世々の羽黒山
            かげしく海のふかきちかひに」
                     (澄月作)
(澄月は玉島出身で、徳川中期に平安和歌四天王の1人と 称された大歌人である)






名前は聞いていたのですが、参拝することが出来て ほ~~っとしてます(^^)

これで2009年のお出かけ(≒神社仏閣めぐり) は終了です。

     (といっても、更新は年明け~~~)





2010年も、もう始まってますが、あちこちに出出掛けたいと思います。
県内中心になりますが♪
      
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るりさやか

Author:るりさやか
岡山から、お出掛け日記を書いていきます!!
岡山県および近県の、寺社巡り中心に更新しています。
自分の記録も兼ねて、写真や情報を載せていこうと思います。
岡山のお出掛けの参考になりましたら嬉しいです♪

旬の花時計
FC2カウンター
つぶやいてます
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
岡山人ブログ
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
うさぎTV
木原幸子 夢を紡ぐ人形たち
おかやま歴史の旅百選 
日本すきま漫遊記
「津山瓦版」
津山市のことなら津山瓦版
ひるぜん焼そば好いとん会
ひるぜん焼そば好いとん会ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。