スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山のお出かけ日記  笠岡市巡り 6  『笠神社~稲富稲荷神社』

交差点を渡ると、石畳をそれらしき建物に向かって上がりました。

どうも…  裏から入ったようなのですが、


本殿らしき建物があります。
「笠神社」だったかな!?

手描き地図で確認!!







笠神社 7



普通に鳥居くぐって~

何か変!?

この石段、下に山陽本線、上が国道!!






笠岡市 「笠神社」

笠岡なので、「笠神社」ですね!!




笠神社 1






岡山県神社庁より

当社の創建は不詳であるが、鴨別命が功あって笠臣の姓を賜り、当社を勧請したとも伝えられている。後にカサメと変じて笠岡となる。
 正応(1288)大嘗会和歌集大蔵卿隆博の詠んだ歌に「天の下かさめの山の草木まで春のめぐみの露ぞあまねき」とある。
 往古、笠目山(応神山)に応神天皇が御巡幸の際に、狩をされ一陣の風に、天皇の被っていた笠が飛び麓の松の木にかかった。その松を「笠掛の松」と呼び、そこに八幡神社が建てられた。
 天文年間に第16代村上天皇の後胤村上左近大夫隆重が、古城山に城を築いてより、累代城主が当社を崇敬し、社殿を改築し、祭祀を厳重にし、永禄13年(1570)8月その式目を定め祭式及び献饌の品を規定し、御供料米3石3斗、銭3貫300文、大御供料米10石、銭10貫文白飯御供料米1石8斗、銀360目同3石6斗、銀720目等の制を設けた。
 村上左近大夫隆重の書状に、「当所伏越八幡宮造立堅固候条薦其忠功云々」とある。伏越八幡宮、宮地八幡宮、東八幡等の名は笠神社の中古から慣例の古称であって、現在の笠神社は、「備中国本宮書記略」によって、社号の復旧を願い出て、明治4年正式神社名となった。






狛犬さん




笠神社 2









拝殿です。





笠神社 3









拝殿の横です。





笠神社 4









後ろに回って本殿です。





笠神社 5









彩色がきれいだったので~





笠神社 6









南向きに石段がありまして、こっちが正面ですね。
帰りはそちらから降りました。





笠神社 7









降りて、再び道に出ると、道を挟んだ向かい側に
大きな鳥居。

何かここにもありそうです。




笠岡市 「稲富稲荷神社」






ここ、なにやら違和感あると思ったら~~~
石段の~ 下が山陽本線!!  上が国道!!




稲富稲荷 2





それがちょうど交差する場所に、神社の鳥居が…
なんとも不思議な空間



石段上がります。結構ありますよ~~~~
先が長い…




稲富稲荷 3








やっと着いた!!
目の前に、立派な拝殿!!  
おお~~~ 疲れも吹っ飛ぶ!!




稲富稲荷 4








ふと、左見ますと…



稲富稲荷 5









稲富稲荷 11







稲富稲荷 6








拝殿は、色がまだ残ってますね~
最近、塗り直したのかな!?

装飾もきれいでした!!






稲富稲荷 7







稲富稲荷 8







稲富稲荷 9






稲富稲荷 10









神社の拝殿の、向かって右側にも、小さな社があったのですが、
そこから山沿いに道が伸びてます。

説明はなかったのですが、もしかして、
ここから笠岡でも有名な桜のスポット 「古城山公園」へ行けるのでは??

と、思いまして、歩いてみました。
位置的にはそうなんですが、自信はないな~~

とりあえず、その道を行ってみます。



間もなく、車道に出ました。
車の行き来があるので、この道でいいのかな??

桜の木も見えますョ。
歌碑もあります。


もうちょっと山頂にいけそうな感じもするので、
がんばって歩いて上がります!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るりさやか

Author:るりさやか
岡山から、お出掛け日記を書いていきます!!
岡山県および近県の、寺社巡り中心に更新しています。
自分の記録も兼ねて、写真や情報を載せていこうと思います。
岡山のお出掛けの参考になりましたら嬉しいです♪

旬の花時計
FC2カウンター
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

つぶやいてます
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
岡山人ブログ
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
うさぎTV
木原幸子 夢を紡ぐ人形たち
おかやま歴史の旅百選 
日本すきま漫遊記
「津山瓦版」
津山市のことなら津山瓦版
ひるぜん焼そば好いとん会
ひるぜん焼そば好いとん会ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。