スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山のお出掛け日記   和気郡和気町 『法泉寺~本久寺』

和気町に入ってきたのですが、
ここにも行きたい場所がありました。
   (もちろんお寺~)


特に立派とか、ものすごい歴史が~~というのではないのですが
ここの本堂が ちょっと珍しいのです。




和気郡和気町 『法泉寺』




法泉寺 7


法泉寺の 本堂です。




法泉寺 4





法泉寺 3




法泉寺 5




お寺!? なのに、洋風の香りのする
この不思議な建物は…





和気町のHPより~

明治9(1876)年、日蓮宗不受不施派は公認を受けた直後、
僧を牧師、寺を教会と名乗るなどキリスト教の影響を受けた。
法泉寺本堂は、この時期にあたる明治11(1878)年に「第10番教会所」として建てられた。

木造で、日本建築の技術や材を使いながらポーチ風の拝殿、白漆喰で固めた柱、
蛇腹ドーム型の窓など随所に洋風の造作が見られる擬似洋風建築となっている。




白い柱が目を引きますが、
上の小窓(?) よく見ると ブルーですよ!!
見れば見るほど、不思議。


もっと写真撮ればよかった~






本堂横には 鐘楼



法泉寺 1



法泉寺 2





この奥、細い道を抜けると 墓地になってます。
ここの寺のご住職でしょうね。
かなり立派なお墓も見られましたョ。






法泉寺を出て少し北へ
今は 和気町になってますが、旧佐伯町にある



和気町 『本久寺』



調べてみると、立派なお寺らしいので行くことに。
地図を頼りに…
山頂にそれらしき建物発見!!

しかし、どこから登ればいいのか?!
ちょっと迷ってしまって、地元の方に道を尋ねたところ、

『わかりにくいから』 というので
わざわざ車で案内して下さいました!!

ご親切にありがとうございました。


着いた駐車場は、お寺の裏。
どうやら、お寺は修理工事中!!


地元の方によれば、あと3年くらいかかるんかな~とのこと。


でも、せっかく来たので行って見ます。




本久寺 1




立派な仁王門です。





本久寺 2






本久寺 3






九重石塔は これだと思いますが



本久寺 4




和気町のHPより~


この層塔は大王山密厳寺跡(和気町米沢)にあったものを大正2(1913)年に現在地へ移したものである。
塔身、笠はともに花崗岩製で一つの材を加工して造られており、高さは6.75m、
側面に「元享二(1322)年壬戌八月六日」の銘が刻まれている。
上部の相輪が失われており、宝篋印塔を載せている。






五重石塔は… これかな~!?
どうやら 違うようですが、本堂の裏にありました。



本久寺 7










本堂はこのように



本久寺 11




本久寺 8





さっぱりわかりませ~~ん




鐘楼です



本久寺 5







本堂の裏へと続く 道沿いに
立派な玄関周り!!



本久寺 10





その屋根


本久寺 9






修理中なので、ゆっくり出来ずに写真もわずかでしたが、
完成した時には、また訪ねてみたいですネ。



この日もよく回りました!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

るりさやか

Author:るりさやか
岡山から、お出掛け日記を書いていきます!!
岡山県および近県の、寺社巡り中心に更新しています。
自分の記録も兼ねて、写真や情報を載せていこうと思います。
岡山のお出掛けの参考になりましたら嬉しいです♪

旬の花時計
FC2カウンター
つぶやいてます
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
岡山人ブログ
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載
うさぎTV
木原幸子 夢を紡ぐ人形たち
おかやま歴史の旅百選 
日本すきま漫遊記
「津山瓦版」
津山市のことなら津山瓦版
ひるぜん焼そば好いとん会
ひるぜん焼そば好いとん会ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。